SCPコンプレックス-LS

関節痛対応素材として

間接軟骨は、骨の先端を覆うゲル状の青みがかった組織で、II型コラーゲン繊維が作る網目状の骨組みにプロテオグリカンが絡みついた構造をもち、厚さは4〜6mm、骨よりも柔らかく、ヒアルロン酸を主成分とした関節液(滑液)を含み、表面の摩擦係数は氷と氷の接触摩擦よりも低い潤滑性能を持ちます。
この関節軟骨があることにより、関節の骨と骨とが直接接することなくスムースに動かすことができます。

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンは、コンドロイチン硫酸、デルタマン硫酸、ヘパラン硫酸、ヘパリン、ケラタン硫酸などのグリコサミノグリカンと呼ばれる硫酸化多糖がタンパク(コアタンパクと呼ばれる)に共有結合してできる広義糖タンパクの一種です。
プロテオグリカンは動物の細胞外マトリックスや細胞表面に存在し、ヒアルロン酸やコラーゲン等の繊維質のマトリックスタンパク質と複合体を形成しています。

SCPコンプレックス-LSの概要

表示名称 サケ鼻軟骨抽出物または、サケ鼻軟骨抽出物(非変性II型コラーゲン・非変性プロテオグリカン含有)
原材料 サケ鼻軟骨
産地 日本(北海道)
用途 食品原料
賞味期限 未開封で製造日より2年(開封後は速やかにご使用下さい)
保存方法 高温多湿を避け、冷暗所で保存
アレルゲンのコンタミネーション サケ
添加物に該当する原料 不使用
キャリーオーバー 不使用
天然原料100%のため、色に多少のバラつきが生じます
また、原料由来による黒色微粉末が極少量含まれる場合がありますが、品質上問題はありません

規格

試験項目 規格 試験方法
性状 白~淡黄色粉状
わずかに特異臭がある
官能評価
95%粒子径 354 μm
(Φ 0.21 mm × 45 mesh パス)
レーザー回折・散乱法
pH 7.0〜8.0 pHメーター測定
乾燥減量 10.0%以下 乾燥減量試験法
強熱残分 25.0%以下 強熱残分試験法
非変性Ⅱ型コラーゲン 40.0%以上 アミノ酸自動分析
(ジメチルアミドベンズアルデヒド比色法)
示差走査熱量測定法
非変性プロテオグリカン 40.0%以上 HPLC法
分子量
(非変性プロテオグリカン)
2,000 ~ 4,150 kDa 絶対分子量測定法(多角度光散乱検出)
※通常のHPLC法では900~1,400kDa
2.0 ppm 以下 ICP-MS法
水銀 0.5 ppm 以下 ICP-MS法
カドミウム 0.3 ppm 以下 ICP-MS法
ヒ素 2.0 ppm 以下 ICP-MS法
一般生菌 3,000 CFU/g 以下 ペトリフィルム培地法(ACプレート)
大腸菌群 陰性 ペトリフィルム培地法(CCプレート)
カビ・酵母 100 CFU/g 以下 ペトリフィルム培地法(RYMプレート)
包装形態 外装:アルミ袋、内装:PE,PA
包装の容量:1kgまたは100g単位(サンプル出荷は別途対応)

栄養成分

分析試験項目 結果 試験方法
水分 5.0g / 100g 常圧加熱乾燥法
たんぱく質 56.4g / 100g ケルダール法(※1)
脂質 1.8g / 100g 酸分解法
灰分 20.5g / 100g 直接灰分法
炭水化物 16.5g / 100g (※2)
エネルギー 308kcal / 100g (※3)
ナトリウム 325mg / 100g 原子吸光光度法

※1) 窒素・たんぱく質換算係数:6.25

※2) 計算式:100-(水分+たんぱく質+脂質+灰分)

※3) 栄養素元基準(平成15年厚生労働省告示第176号)によるエネルギー換算係数:たんぱく質、4:脂質、9:炭水化物、4

推奨摂取量

15〜30mg/日

表示例

鮭鼻軟骨抽出物(プロテオグリカン、II型コラーゲン含有)等